工事完成図書等電子化

大分県農林水産部(データベース)工事完成図書等電子化処理業務について

 工事完成図書等の電子化処理業務とは、工事完成図面および写真等をすべて一定の規格により電子ファイル化を行うことで、検索性や保存性を高めることにより、各種調査資料の作成や施設の維持管理等に活用するとともに、新たな事業の遂行にあたって、電子ファイル化された既存の図書等を有効利用することにより事業計画の精度を高め、併せて事務処理の効率化が図れます。

 また、各種台帳類のデータベース化処理業務を行い、検索性や応用性を高めることにより、施設の管理業務に活用するとともに、閲覧、検索の効率化を図れます。

登録の申し込み及び登録費用について

登録対象

 大分県農林水産部および大分県総務部各振興局発注の工事で、特記仕様書に工事完成図書等の電子化の指示があるものを受注された方は、工事完成図書等の電子化処理の申込みが必要です。

 大分県治山林道協会(以下、協会)では、以下に関する工事完成図書の電子化のみを受付します。 
  ・森林土木工事(治山・林道)
  ・森林整備等の林業事業
  ・漁港・海岸関係工事

 耕地・農業関係工事およびに関しては協会では受付しておらず、以下の機関で登録を行っていますのであらかじめご了承ください。

申込み方法

 工事完成図書等の電子化処理の指示があった場合は、工事完成通知書提出後に登録の申込みをして下さい。
 発注機関の担当者から渡される申込み用紙に必要事項を記入の上、FAXまたは郵送にて協会まで送付して下さい。なお、持参での申込みも受付けています。

 申込み用紙到着後、FAXにて登録費用等を回答させていただきます。FAXをお持ちでない場合は電話での回答となります。

  申込用紙が必要な場合は、こちらからダウンロードして下さい。

登録費用について

 登録費用は、工事の請負金額によって決定しています。なお、この請負金額は最終請負金額となっていますので、変更契約がある場合は注意して下さい。
 登録費用は銀行振込とさせていただきますが、協会がFAXにて送付する登録費用の回答があるまでは振り込むことのないようにお願いします。

 都合により、現金支払いを希望される場合は、予め電話で連絡をお願いします。
なお、小切手、手形、その他有価証券等での支払いには応じられません。

 登録費用の一覧表は、こちらを参照して下さい。

このページの先頭へ