主な公益事業森の文庫

森の文庫

 この活動は、県内の小学校に図書等を贈ることにより、本に親しみ、読書を通じて森林の働きや水の大切さなどを学ぶ機会を提供し、自然を守り、郷土を愛する豊かな心を持った若い世代の育成を図る一助として実施しています。

寄贈図書(平成29年度)

  1. 地球を大切に!環境を考える絵本(6冊)
  2. 森のいのち
  3. 日本の木材 杉
  4. 森を育てる生きものたち 雑木林の絵本
  5. 虔十公園林
  6. ぼっこ
  7. 20本の木のノート
  8. いのちを守る!災害対策大百科(3冊)
  9. のどか村の動物会議
  10. 日本の森林と林業
  11. 図書カード

森の文庫の贈呈校の様子

 図書館へ入ると、すぐ横に「森の文庫」があります。
 そして、「森の文庫」木製プレートを首から下げた、竜が出迎えてくれます。
 この竜は、子どもたちが大好きなお話『エルマーのぼうけん』に登場する竜で、ボードから作成しました。
 「森の文庫」の本が迷子にならないように、「森の文庫シール」も作成し、請求ラベルの上に貼りました。

 調べ学習でも使える本や、図鑑、写真が美しいものや、楽しい絵本、考えさせられるもの等々、幅広く収集しました。図書分類上も多くの本が揃い、充実したコーナーができました。

たくさんの本に、子どもたちも喜んでいます。

ありがとうございました。

このページの先頭へ